自宅でのWifi環境

情報化社会において、複数の企業からインターネット回線のサービスが出されています。

その中から自宅で使用する事を目的とするインターネット回線は、高速で常時接続が可能とされているサービスが求められています。特に自宅でWifi環境を敷いてのインターネット回線は光回線若しくはモバイルルーターを利用するのが主流です。光回線でのWifi環境を敷く為には外部より光回線を自宅内に敷く工事を業者に依頼し、Wifi環境をユーザー側で整える作業が必要となります。一般的には外部から敷いた回線をモデムに接続、更にモデムとルーターを接続するだけで物理的な環境は整えられます。

その後、パソコンやゲーム機等、各端末にルーターを認識させる操作をした後に使用が可能となります。通信速度が速く安定しており、複数人で使う事が前提であれば光回線にメリットが大きいでしょう。しかし、自宅専用で使う回線の為、持ち運びが出来ない、光回線を敷く工事が必要、引っ越しの際には回線の撤収工事も必要となります。モバイルルーターは光回線と違い物理的な環境を敷く為の準備が一切必要ありません。

モバイルルーターの電源を入れ、各端末にモバイルルーターを認識させる操作をした後に使用が可能となります。メリットは持ち運びが出来る為に自宅以外の場所へも移動が出来る、物理的な環境を作る必要が無い為に環境作りが簡単です。しかし、一度に使える人数が限られている、常時接続ではあるものの速度制限が掛かると通信速度が遅くなる点はデメリットです。両者共に月々のコストは安価設定となっている為、メリット・デメリットの違いがユーザーの選ぶポイントになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *