Wifiルーターはどう選ぶ?おすすめの選び方

自宅や外出先でインターネットを無線で繋げるのに活躍するWifiルーターは最近のネット環境の構築にとっては無くてはならない物になりつつあります。そんなWifiルーターはどのように選べばよいでしょう。


ルーターも高額なものから安価な物まで様々ですが違いとしては、高額商品は通信速度が速く、安定性も高く、新しい通信規格にも対応しています。

Wifiの選び方情報がさらにわかりやすくなりました。

対して、安価な商品の傾向は通信速度が遅い場合があり、安定性も良くない事もあります。
Wifiの通信方式で主流になっているのが、11g、11n、11acの規格です。


それぞれ通信速度の違いなどがあり、現行では11acが最新です。安価な機種の中には11nまでしか対応していない場合がありますので、確認して自分の必要な機種を見つける選び方が大事です。
ルーターの選び方の中で機能として他には「ビームフォーミング」があって、これはルーター本体側が受信する端末(PCやスマートフォンなど)の方向や距離を判別することで電波を集中的に送る事が可能な機能です。



近頃の機種は対応しているモデルが増えてきていますが、安価な機種は機能に対応してない物もあります。


ルーターの「ストリーム」も選び方のポイントになってきます。
ストリームとはアンテナの数で、2ストリームの場合は2つの送信と受信が速度を落とさずにやり取りできる事になります。



ストリーム数は一般的には1〜4程度の機種が多く販売されています。自分が通信する端末の台数に合ったモデルを選ぶのが大事といえます。